実りの秋ですね〜。奥豊後の秋は安心して食べられる美味しいものいっぱいですよ〜!

 

金木犀が香る季節になりました。

台風の影響か蒸し暑い日が続いていますが、季節は確実に巡っていますね。

毎年金木犀の花を手摘みして酵素シロップを漬けるのですが、花が終わるまでに工房が完成したら今年も素晴らしい香りの酵素シロップをお届けすることができます。

大工さんにがんばってもらわないと!

 

 

先日九重町の梨農家の玉井農園さんの取材に行ってきました。

玉井さんは電子農法をされていて、除草剤も化成肥料も使わず農薬も極力使わずに美味しい梨を作っておられます。

毎年友人たちと注文するのですが、伺ってお話を聞かせていただくのは初めてでした。

勿論タオの梨の酵素シロップも玉井さんの梨を使わせていただいています。

玉井農園の看板奥様美智子さん。明るく元気に切り盛りされています。

 

旦那様の和喜さんのお話は政治や環境問題など多岐に渡り、大きな視野を持ちしっかり大地に根ざして仕事をされている様子に感動しました。

梨つくりのこだわりも半端ではありません。

梨は傷みやすいので青いうちに収穫して長持ちさせる事が多いのですが、やはり木で熟させた方が美味しいので、ロスを覚悟で美味しく味が乗った梨を出荷しているそうです。

自家製の乳酸菌を使ったり肥料も徹底的にこだわっていて、美智子さんに「子供より大事に可愛がっている」と言われるほど。

美味しいはずですね。

お問い合わせはこちらまで。

玉井農園

大分県玖珠郡九重町大字恵良408

0973−76−2732

 

 

その前には清川の日向農園さんにお邪魔しました。

日向さんは炭素循環農法を実践されていて、ブドウを化学肥料や除草剤、農薬を使わずに育てておられます。

九州でブドウを無農薬で育てるのは至難のわざ。

日向さんはまだお若いけどどても研究熱心で、試行錯誤しながら無農薬栽培を実践しておられます。

奥さんの千草さんが焼く、自家製レーズン入りのパンは絶品です。

残念ながら、今年のぶどうはもうあと予約分しか残っていないそう。

来年又皆さんにご案内しますね。

 

 

 

 

こんな素晴らしい生産者さん達が身近にいるなんて、どれだけ恵まれているんでしょう!

生産者さんとの繋がりは、タオの財産です。

素晴らしいご縁に感謝です。

 

 

 

 

 

 

生産者さんのご紹介 | comments(0) | -
1